メニュー 閉じる

【欧州で人気!】甘みをいかした簡単バナナケーキ Banankaka 【レシピあり】

今日ご紹介するのはヨーロッパでも人気の定番お菓子【banankaka】です。

字面を見て「バナナ」と連想できた方もいるのでは?

そう、【banankaka】とはスウェーデン語でバナナケーキです。

バナナは【banan】(発音は「バノーン」)、ケーキは【kaka】(発音は「コーキャ」に近い)といいます。

 

古代からヨーロッパで広く知られていたとされるバナナ。

スウェーデン語の【banan】はスペイン語やポルトガル語の【banana】が元となっています。

日本で一般的に流通しているバナナは「キャベンディッシュ」という種で、スウェーデンを始め、ヨーロッパでも多く見かけることができます。

 

バナナの保管に最適な温度は14~16度なので、暖かい時期に室温で置いておくと劣化が早く進んでしまいます。

そういうときはアルミホイルや新聞紙で1本ずつ包み、ビニール袋入れたのち冷蔵庫へ。

こうするとで、バナナから出るエチレンで他の食材を痛ませることもなく、長期間の保存ができます。

逆に早く柔らかくしたいときは、りんごやトマトと一緒に紙袋に入れておくと、熟成が早く進みますよ!

 

これからご紹介するレシピは、熟成しすぎちゃった茶色いバナナの甘みを活かした、シンプルで簡単なレシピ。

分量もキリ良くしてあるので覚えやすくて忘れにくい!

余ったバナナの大量消費にぴったりですよ。

【材料】パウンドケーキ型(20㎝)1本分(作業時間15min + 焼く時間40min)
完熟バナナ3本
小麦粉150g
ベーキングパウダー5g
上白糖50g
2個
バターもしくはマーガリン50g(室温に戻しておく)
blank

 

①室温に戻したバター(もしくはマーガリン)に上白糖を加えて混ぜ、さらに卵を加えて、白っぽくなるまで泡だて器でかき混ぜる。blank blank
②バナナ2本をフォークで潰す。

控えめに潰せば、バナナのゴロっと感が引き立ち、ねっとりするまで潰せば、ケーキ全体にバナナの甘みが広がります‼

blank blank
③ふるった小麦粉とベーキングパウダーを加え、さっくりと混ぜる。

泡だて器でぐるぐる混ぜてしまうと、しっかりと膨らまないのでNG‼

blank
④クッキングシートを敷いたパウンドケーキ型に流し込み、平らにし、残りのバナナを上に飾る。

きれいな曲線のバナナは、縦半分でそのまま大胆にオン、まっすぐなバナナなら5㎜幅の輪切りにしてきれいに並べると写真映えしますよ!

blank blank
⑤180度に予熱したオーブンで40分焼いたら完成!

途中で表面が焦げそうな場合は、アルミホイルを被せてくださいね。

blank

朝ごはんにもおやつにもぴったりのバナナケーキ。

簡単なのにお洒落。さらにバナナの自然な甘みを活かしているから、子どもから大人までみんなのお口に合う味に。

天気の良い日にお庭やテラスで、お茶やコーヒーと合わせて召し上がってみては。

blank

ブログカテゴリ

関連記事